技術Labo

気になったことやちょっとした作業の覚書

WordPressでカスタムフィールドを使って情報を追加 ( Advanced Custom Fields )

カスタムフィールドを使うと何ができる?

通常の「タイトル」・「本文」といった入力項目以外に任意の項目を追加し、保存・表示することが出来るようになります。

Advanced Custom Fieldsプラグインを使用したカスタムフィールド

インストール&有効化が完了すると左に「カスタムフィールド」というメニューが表示されるのでそこから設定ページへ移動

「新規登録」からカスタムフィールドを設定します

投稿ページにテキスト入力ができる項目を追加したい場合は上記の設定だけ行い「公開」します。

投稿画面を表示させると先程追加した項目が編集画面に表示されるようになります。

カスタムフィールドの情報をページに表示させる方法

<?php the_field(‘data1’); // フィールド名を指定 ?>

上記のコードを任意の場所に設置することでカスタムフィールドの値を表示させることが可能。

テンプレートファイルに記述、または「PHP Everywhere」を使って記事投稿時にPHPを埋め込む方法でも表示可能。

PHP Everywhere + カスタムフィールドのサンプル表示

関連記事

フリースタイル
WEBシステムエンジニア
制作作業の合間に、情報の整理。ポートフォリオ用まとめサイト
Lancers にてお仕事中

極寒の地で全裸で凍えながら
なぜつらいのか
分かっていないようなもの

HUNTER×HUNTER
by ウイング