技術Labo

気になったことやちょっとした作業の覚書

WordPressでAPCuオブジェクトキャッシュを使う

エックスサーバーではAPCが利用可能

APCu Object Cache Backendを使ってオブジェクトキャッシュが使えるようにします。

プログラムまたはデータベースから取得した情報をアクセスの度に処理させるのではなく
結果を一時的に保存しておいて使い回す技術のことです。

エックスサーバー APC/OPcacheについて
https://www.xserver.ne.jp/manual/man_server_php_apc.php

APCu Object Cache Backend をインストール

  1. ファイルをダウンロード
    https://downloads.wordpress.org/plugin/apcu.1.0.2.zip
  2. ダウンロードしてきたファイルのobject-cache.phpを編集

    // こちらを先頭に追記 管理画面では使用しないようにするため
    if ( is_admin() ) { return false; }

  3. wp-contentディレクトリに編集したobject-cache.phpをアップロード

以上でオブジェクトキャッシュが有効になります

結果的にどうなったのか?

Query Monitor プラグインを使用して結果を確認していきます

APCu Object Cache導入前のトップページ

APCu Object Cache導入前

APCu Object Cache導入後のトップページ

APCu Object Cache導入後

SQLの実行回数、時間が全然違っていることが確認できます。

管理画面から有効化・無効化ができるようにする

関連記事

フリースタイル
WEBシステムエンジニア
制作作業の合間に、情報の整理。ポートフォリオ用まとめサイト
Lancersにてお仕事中

運用サイト

Amazon Pickup List

Amazon Pickup List
アマゾン関連情報まとめ