技術Labo

気になったことやちょっとした作業の覚書

夏はどうして明るい時間が長いの?

夏は地球が太陽からの光をより直接受けるため、明るい時間が長くなります。
地球の軸は傾いており、夏至の時期(北半球では6月)には北半球が太陽に最も近づき、南半球では冬至の時期(12月)に太陽に最も近づきます。
そのため、夏は北半球では昼間が長く、暗くなる時間が遅くなります。
これが明るい時間が長くなる理由です。

関連記事

フリースタイル
WEBシステムエンジニア
制作作業の合間に、情報の整理。ポートフォリオ用まとめサイト
Lancers にてお仕事中

正しい戦争なんてない
でも正しさだけが人を救うとは限らない

機動戦士ガンダムUC
by マリーダ・クルス