技術Labo

気になったことやちょっとした作業の覚書

線状降水帯とは

線状降水帯(せんじょうこうすいたい)は、大気中の湿った空気が特定の条件下で上昇し、雲や降水を形成する現象です。
一般的には、冷たい前線と暖かい前線が衝突したとき、または対流活動や地形効果などによって形成されます。
線状降水帯は、数十キロから数百キロにわたって伸び、通常は比較的強い降水が数時間以上にわたって続くことがあります。
これにより大雨や雷雨、突風などの天候現象が発生することがあります。

関連記事

フリースタイル
WEBシステムエンジニア
制作作業の合間に、情報の整理。ポートフォリオ用まとめサイト
Lancers にてお仕事中

父親ってのはいつもひと言足りないのさ
その分は子どもが自分で
埋め合わせなくちゃならない

機動戦士ガンダムUC
by リディ・マーセナス